アノニマ・スタジオWeb連載TOP > かぞくのブリコラージュ~自分たちで暮らしを作る、日常の発明記~ もくじ

かぞくのブリコラージュ~自分たちで暮らしを作る、日常の発明記~かぞくのブリコラージュ~自分たちで暮らしを作る、日常の発明記~

文・写真・題字/中村家


アノニマ・スタジオTOPページへ >>

チャプター2 もくじ

はじめに


その1 ブリコラ家族のキッチン


その2 ブリコラ家族のリビング
(2022.10公開予定)


その3 ブリコラ家族の寝室
(2022.11公開予定)


その4 ブリコラ家族の玄関
(2022.12公開予定)


その5 ブリコラ家族の廊下
(2023.1公開予定)


その6 ブリコラ家族のバスルーム
(2023.2公開予定)


その7 ブリコラ家族の子供部屋
(2023.3公開予定)


その8 ブリコラ家族の庭
(2023.4公開予定)


その9 ブリコラ家族のテラス
(2023.5公開予定)


その10 ひみつ
(2023.6公開予定)





チャプター1 もくじ

はじめに


その1 「夢のジムニー」for 息子


その2 「循環型野外キッチン」for 娘


その3 「4階建てバターハウス」for うさぎ


その4 「野菜バルーンポット」for みんな


その5 「フィロソフィーストッカー」for 母


その6 「空時計」for 娘


その7 「真夏の野外映画館」for 娘


その8 「庭道具のつぎはぎ棚」for みんな


その9 「嵐のあとのお庭ロッカー」for 娘/息子


その10 「秋のあきのアフタヌーンティー」for 母


その11 「欲しいものは自分でつくるレコードプレーヤー」for 父


その12 向かう先はひとつ!「きぼうの船」for 子どもたち


その13 ブリコラ農園 for みんな


その14 キャンプギアロッカー for みんな


その15 おもちゃ箱カー for 息子


その16 バンブークローゼット for みんな


その17 たねちゃんハウスⅡ for 娘 前編


その18 たねちゃんハウスⅡ for 娘 後編




アノニマ・スタジオTOPページへ >>

中村俵太(ひょうた(父/夫)

「HYOTA」として空間デザインを生業にしつつ、中村家のあらゆる『家族』活動のディレクター的立ち位置も。決断力と実行力はあるけど計画や段取りは非常に苦手。人見知り。日本生まれ日本育ちなのに日本語がおかしい。極めて楽天的でポジティブ。家族愛は強いがピントがいつもややずれがち。

中村暁野(あきの(母/妻)

家族や生活をテーマに執筆活動を行なっている。理想を追って突っ走りがち。でもその突っ走りによって人生動かしてきたという自負もあるので、引き続き突っ走る気まんまん。ブリコラ生活の果て2021年夏「家族と一年商店」がオープンし小商店主という予想だにしていなかった人生展開もスタート中。

中村花種(かたね(娘)

繊細で敏感な子ども時代を経て、現在爆発的パワーで家族を圧倒する思春期入り口の11歳。極度の内弁慶だったけれど藤野暮らしの中で壁を越え、自分の世界を築こうと成長中。現在両親のやることなすこと、言うことスベテが気に入らない反抗期真っ只中。

中村樹根(じゅね(息子)

マイペースでごきげんな5歳児。人類みな友達的オープンマインド。恐竜がだいすきで1日の半分、心は恐竜の世界へ。甘いもの大好き。虫歯になりがち。姉とはトムとジェリーのような関係。

バター(うさぎ)

花種さんの膝に飛び乗るすきを常に伺っていた、アメリカンファジーロップのオス。2022年の3月、天国へ...。花種さんの部屋の前の、ユスラウメの木の下に眠っている。




家族カレンダー

中村暁野
定価 1760円(本体価格1600円)


ひとつの家族を自身の家族で取材して制作する雑誌『家族と一年誌 家族』編集長である著者による初めての自著。ブログに綴った5年の間には、たくさんの幸せな日とそうでない日とがありました。「家族」を通して自分と社会に向き合い続けた実験の記録。一日々々のかけがえのなさを感じられる一冊です。




アノニマ・スタジオWeb連載TOP > かぞくのブリコラージュ~自分たちで暮らしを作る、日常の発明記~ もくじ