本をさがす

カテゴリ

キーワードでさがす

例:高山なおみ ごはん

閉じる

帰ってきた 日々ごはん⑩

高山なおみ
定価 1430円(本体価格1300円)

※クリックで拡大します

  • ISBN-13: 978-4-87758-829-8
  • 2022年1月下旬発売予定

POPダウンロード

帰ってきた 日々ごはん⑩

高山なおみ
定価 1430円(本体価格1300円)
目をこらさないと、
見えないくらい。
料理家、高山なおみさんの日記エッセイ『帰ってきた 日々ごはん』シリーズの記念すべき第10巻。神戸でのひとり暮らし3年目の2018年7月~12月の日記を収録。恒例の「アルバムページ」や「おまけレシピ」のほか、「スイセイごはん」も掲載。

編集者のおすすめポイント

シリーズ累計20万部を超える、高山なおみさんの人気日記エッセイシリーズ第10巻。拠点を移した3度目の神戸での夏から冬。料理の本や童話、絵本など新たな本づくりがはじまり、自分の内から出てくるものと外から入ってくるものが、重なったり合わさったりする日々。土地や人と馴染み、暮らしのリズムができて、ぐんぐんと活動がはじまる日々が綴られています。装丁には、高山さんと画家の中野真典さんが収録する日記の時期に交わしていた「言葉」と「絵」の交換日記から生まれた作品を使用。恒例のアルバムや「スイセイごはん」も収録。

著者略歴

高山なおみ

1958年静岡県生まれ。料理家、文筆家。レストランのシェフを経て、料理家になる。におい、味わい、手ざわり、色、音、日々五感を開いて食材との対話を重ね、生み出されるシンプルで力強い料理は、作ること、食べることの楽しさを素直に思い出させてくれる。また、料理と同じく、からだの実感に裏打ちされた文章への評価も高い。著書は、経験や体験に裏打ちされた料理書や料理エッセイのみならず紀行記や日記、絵本など多数。

関連書籍

関連記事

POPダウンロード

pagetop