カテゴリ

キーワードでさがす

例:高山なおみ ごはん

※クリックで拡大します

  • ISBN-13: 978-4-87758-789-5
  • 12月上旬発売予定

POPダウンロード

イノダアキオさんのコーヒーがおいしい理由

語り 猪田彰郎
本体価格1500円(税別)
コーヒーひと筋70年のアキオさんに聞く、
愛されるおいしさのひみつ
「イノダコーヒ」創業者の甥で、創業当初から働いていた猪田彰郎(いのだ・あきお)さん。「イノダコーヒ三条店」の初代店長を務め、27年間円形カウンターに立ち続けました。愛されつづける店の歴史、三条店で築いたご縁のつなぎ方、コーヒーの淹れ方など、人生の学びをわかち合う一冊。

編集者のおすすめポイント

「イノダコーヒ三条店」の初代店長を27年務めたアキオさん(猪田彰郎さん)は、コーヒーとともに生き、コーヒー人生70年を迎えました。俳優の高倉健氏、吉永小百合氏など著名人からも愛され、当時朝日新聞の編集長だった筑紫哲也氏は自身の新聞コラムに「珈琲職人」としてアキオさんを紹介しました。愛され続ける店の歴史、ご縁の繋ぎ方、仕事に向き合う心、京都のコーヒー文化についてなど、コーヒーを通じて培った経験にもとづく言葉やエピソードが、本の軸となっています。幅広い世代の心を打つアキオさんの言葉と生き方は、働き方や生き方を考える上で役立つエッセンスが詰まっています。

著者略歴

猪田彰郎(いのだ・あきお)

1932 年(昭和7)年、京都市生まれ。1947年に京都で開業したコーヒーショップ「イノダコーヒ」で15歳から働きはじめる。1970年にイノダコーヒ三条店の初代店長を務め、イノダコーヒ全店の焙煎も担う。1988年に筑紫哲也氏の朝日新聞連載「筑紫哲也の気になるなんばあわん」で紹介され、全国にファン多数。退職後はコーヒー職人として全国各地を講演会で巡業。現在はプライベートでマイペースにコーヒーを楽しむ。

目次

はじめに
1章 さあ、おいしいコーヒーを淹れましょう
 アキオさんのコーヒーの味と、淹れ方

   つくりたかったのはここだけの、コーヒーの味
   だれでもできるおいしいコーヒーの淹れ方

 

2章 おいしいコーヒーをつくる9つのこと
 コーヒーから学んだこと、大切にしていること

 

3章 イノダコーヒのはじまり
 人生を捧げてきた今も愛されつづけるコーヒーショップ

 

  朝日新聞連載「筑紫哲也の気になるなんばぁわん」
  京都のコーヒー店「ベスト店長」猪田彰郎
  聞き手:筑紫哲也

 

4章 京都にはおいしいコーヒーがあります
 アキオさんの想いを受け継ぐお店を訪ねて
  はしもと珈琲/市川屋珈琲

 

おわりに
イノダコーヒ ショップ案内

 

イノダコーヒで愛されつづけるもの(コラム)
 01 砂糖とミルク入りの、アラビアの真珠
 02 ぽってりと厚みのあるコーヒーカップ
 03 チーズケーキとラムロック

関連書籍

関連記事

pagetop