アノニマ・スタジオは「ごはんとくらし」をテーマに本づくりをする出版社です。

カテゴリ

キーワードでさがす

例:高山なおみ ごはん

※クリックで拡大します

  • ISBN-13:9784877587000
  • 発売日:2010/12

POPダウンロード

種まきびとのものつくり

早川ユミ
本体価格1900円(税別)
ちいさな自給自足で
暮らしを紡いでみよう。
暮らすことは生きること。生きることは作ること。『種まきノート』に続く、布作家・早川ユミさんの本ができました。手触りの心地よいグレーの箱に入った本書は、取り出すと横長になる絵本のような本。「衣」「食」「住」「からだ」の四章に分かれ、「もんぺの作り方」や「豆腐づくり」など小さな自給自足のヒントが詰まっています。早川ユミさによる気持ちのこもった絵と文、高知・谷相の美しい写真がすみずみまでひろがる、何度も何度も読み返し続けるための一冊です。

編集者のおすすめポイント

『ちいさなものを買わないで、ちょっとつくってみましょう。わたしらしい暮らしを紡いでみましょう』(まえがきより)。本書は自然とともに生きる早川ユミさんが、自給自足の嬉しいやたのしいを伝えようと、多くのページを手描き文字で綴った一冊。とうふづくり、紅茶づくり、草木染め、焼きものづくり、服づくりと、眺めているだけで作りたい気持ちの高まる本書は、手元において、きっと長く使っていただける一冊になるはずです。

著者略歴

早川ユミ

1957年生まれる。アジアの手紡ぎ手織布、藍、黒檀の実、ラックなど草木染め、泥染めの布、山岳少数民族の布、柿渋で染めた布、リトアニア麻布でちくちく手縫いして、衣服をつくり、あちらこちらで展覧会をひらいている。夫である、陶芸家の小野哲平の薪の窯たきを手伝ったり、種まき、木を植える。アジアの布を探して、家族で旅する。ときどき、セツローさんとのふたり展をひらく。著書に『種まきノート』、『種まきびとのものつくり』、『種まきびとの台所』、『旅する種まきびと』(アノニマ・スタジオ)。

目次

まえがき

●衣 着ること
ちくちく手で縫う 着るものをつくろう/農民服をつくる/もんぺをつくる/麻スカートをつくる/素肌にふれる衣服をつくる/草木で染める/かきしぶ染め
●食 食べること
うちのごはん/みそをつくる/とうふをつくる/保存食つくり/はちみつ採り/紅茶をつくる/うめしごと
●住 住まうこと
わたしの台所をつくる/太陽とともに暮らす/わたしの木を植える/果樹を植えよう/月とともに暮らす/ちいさな畑にたねをまこう/にわとりや犬と暮らす/やきものつくり/おそうじのしかた/せっけんのつくり方
●からだ
からだの声を聴く/こころの瞑想法/ろうそくづくり/丹田呼吸法/老子法/冷えとり健康法/テルミー温熱療法/こどもを産む/こどもを育てる/旅するわたし/地球のおうちに暮らす
◆コラム
つくることは生きること/たべるということ/土さえあれば生きてゆける

あとがき

関連書籍

関連記事

pagetop