12月に入り、街はすっかり
クリスマスのディスプレイになりました。

ふと立ち寄った店先のクリスマスツリーには
お店の方が作ったと思われる
手作りの毛糸のボンボンが飾られていました。

そのボンボンを見るなり、息子が
「これ作りたい」と言いました。

手作りするのが何より好きな私は、
息子が「作りたい」と
自分から言ってくれたことに嬉しくなって、
ボンボン作ろう~と歌いながら、
急いで家に帰りました。

帰宅後、早速、ボンボン作りに取りかかりました。
息子のセレクトで、白と赤、水色の毛糸にしました。

いくつかのボンボンを作り終えると今度は、
「木に飾りたい」と言いました。
もちろんクリスマスツリーのことです。

しがしながら、我が家にツリーはないのです。

息子がやって来て初めてのクリスマスに
買おうかとも思ったのですが、
旦那さんも私も演奏家ゆえ、大量の楽器があるため、
楽器以外の物を増やす気には
どうしてもなりませんでした。

それなら場所を取らないツリーを作ろう!
と思い立ち、壁にディスプレイすることにしました。




100円ショップで買った大きなサイズのフェルトを裁断し、
木の形にして、壁に画鋲で止めただけのツリーです。
時間もお金もほとんどかからず、
あっという間に仕上りました。

雪に見立てた綿の花や、
スズメウリという赤い実や
真っ赤に紅葉した葉っぱなどを飾りました。




この場所を取らないツリーが気に入って、
息子が1歳の時も、2歳の時も
飾る壁を変えながら楽しみ、そして
早いもので4度目の出番がやって来ました。

去年まではツリーも飾りも私が
画鋲で止めていたのですが、
今年は息子が自分で飾りたいというので、
扱いやすいセロテープで貼ってみることに。

作った白いボンボンを飾るときには
白は雪のイメージなんだよと言ったら、
白いものを飾ろうと思ったようで、
気づけば、ティッシュや紙コップ、
私が小学生の頃にフェルトで作った
大根までもが飾られていました。

その後も、もくもくと息子は飾り続け、
笛やハサミなど、最近のお気に入りも
次々とぶら下げられて行き、
気付けば、神聖さなどかけらもない
カオスなツリーが出来上がりました。




いろいろと突っ込みどころは満載ですが、
これはこれで3歳らしいクリスマスとして
楽しい思い出にしようと思います。


← 連載もくじ