強さが自慢のハーブ

05 ローズマリー




立性のローズマリー
紫のほかにも、さまざまな色の花がある
ローズマリーポテト
雑草のようにたくましいハーブ。
その中でも一年中、緑をたやさず、
すがすがしい香りで楽しませてくれるのが
ローズマリーです。


まっすぐ上に向かって育つ立性と、
クネクネと伸びていく匍匐ほふく性、半匍匐性とあるので、
植える場所によって選びます。
つり下げるハンギング型なら、
匍匐性のものを選ぶとキレイですよ。


また花も白、ピンク、青、紫と
いろいろとあるので、花の色の好みで
選んでもいいでしょう。


他のハーブに比べ、発芽率が低いのと
種から芽が出るまでに時間もかかるので、
苗を買ってくるのがおすすめですよ。


ローズマリーはとにかく丈夫です。
乾燥に強いので、水やりを忘れても大丈夫。
その上、寒さにも強いので、
雪が降り積もっても大丈夫。
虫もまったくつきません。


一度植えたら、放ったらかしで
なんら問題ないのです。
どんな環境でも、強くたくましく育ってくれるのです。



そしてその香りの豊かなこと!
ジャガイモと合わせるローズマリーポテトは
やみつきの美味しさです。



お肉やお魚にも好相性。
臭みを消し、香りがほどよくついて、
食欲をそそる一品になります。




年中、元気でいてくれるので、
思い立ったときに、お料理に使うことができます。
秋には枯れるハーブが多い中で、
いつも側にいてくれる力強い味方なのです。


そんな丈夫で頼りがいのあるローズマリーですが、
余りに多湿な環境では、ぐったりしてしまうことがあります。
梅雨時期には雨に打たれすぎて、
元気をなくしてしまうこともありました。


そのため植える際には、
梅雨時を見越して、水はけの良いところへ。


鉢植えにするなら、プラスチックの鉢ではなく、
呼吸のできる素焼きの鉢に。


それだけを守ってあげれば、
きっと何年もの間、皆さんの庭を美しく彩り、
香り豊かな葉を惜しみなく分けてくれるはずです。

← 連載もくじ