誰でもできる!かんたん栽培

02 細ネギ







前回は、簡単にトライできる
クレソンと豆苗の水栽培をご紹介しました。

今回は、料理に使った細ネギの残った部分を使います。
苗を買いに行かずとも、すぐに栽培が楽しめますよ。


細ネギとは、葉ネギや小ネギとも言われる、
緑の部分が多い細いネギのこと。
お味噌汁に納豆に刻んで入れたりと、
一年中、出番が多い野菜ですよね。

ところで緑の部分を小口に切った後、
根元の白い部分はどうしていますか?

そのまま捨てている
とう人も多いのではないでしょうか?

その根元を捨てずに使ってみませんか?
前回ご紹介したように、水栽培しても
簡単に根が出て来ます。

水栽培もおすすめですが、
もっと大きくなってもらえるよう、
その根元をそのまま土に植えてみましょう!
鉢でもプランターでも問題ありません。

しばらくすると根付き、
葉っぱが伸びてくるのですよ!


写真は根付いて、大きく葉を伸ばしたネギ。
立派な庭の一員ですね。

そろそろかなと思ったら
根元でカットしていただきましょう。
また葉を伸ばしてくれるので、
何度も楽しむことができます。

他にも、
芽が出てしまったニンニクやショウガ。
土に埋めれば、しばらくすると芽が出て来て、
立派に育ってくれますよ。

今まで捨てていた野菜を利用すると
なんだか得した気分になるのもいいですね。
ぜひ試してみてください。



← 連載もくじ