03 いつもそばに山があるから。


京都は山が近い。
鴨川を渡るとき、山の近さを感じます。
冬にはうっすらと頂きが雪をかむる。
春にはいきいきとした若葉色になる。
しょっちゅう通るのに通るたび、「京都はいいなあ」と思います。

ばたばたと日々が過ぎて、もやもやしたとき、
気持ちをリセットするのにも、山はちょうどいい。
まわりにも気軽に山歩きする友だちがいます。
湧き水を汲んで、おにぎりを食べて、季節の花を見つけて。
遠出しなくても、自然の中にいられる。京都の良さやなあと思います。


銀閣寺の近くに大文字山の登り口があります
京都を旅する人にもおすすめなのが、

大文字山


あの「大」の字の上に立つ。
それだけでわくわくしませんか。

五山送り火の山の中で、唯一、だれでも登れる山。
身近な山として親しまれていて、
子ども連れ、地元の方々、
登山愛好者も多く、にぎわいます。

銀閣寺

のそばに登り口があって、足もとは山道。
すべりやすい斜面がつづき、
最近は遭難する人も増えているとのこと、
しっかりと山歩きの準備をしてどうぞ。

登ったのはゴールデンウィーク、山つつじが咲いていました
ゴールデンウィークに歩いてみると、
山つつじや藤の花が咲き、
鶯が高らかに鳴いていました。
さっきまで、銀閣寺観光の人ごみの中にいたのに、
たちまち山の中です。

送り火の火床

まで40分ほど、
ゆっくり歩けばもう少し。
大の字にたどり着けば、絶景が待っています。

さえぎるものがなく、京都一望。
緑がこんもりした京都御苑、下鴨神社、京都タワー……
碁盤の目だから見つけやすい
いざ、大の字の上に立ってみると、
思いのほか広範囲で、しかも急斜面。
木々が取り払われているので、遮るものはなく、
京都が一望のもと。
石段で上から下まで歩けるのですが、
こわがりの私は上り下りにおしりがむずむずします。

大文字山の、送り火の火床
送り火があるのは、お盆を締めくくる、8月16日。
お盆に帰ってきはったご先祖様をお見送りし、
無病息災を祈願します。
このとき登れるのは関係者のみ。
大の字の真ん中に、弘法大師堂。
火床は、75基。
大の字の一画80m、二画160m、三画120m。

送り火の火床が急斜面にあることがわかります
急斜面にある70基の火床、
ひとつひとつに薪を積み、
暗闇に包まれた午後7時に点火。
いかにたいへんなことか、
ここに身を置くとよくわかり、
ありがたさに、じんとします。

帰り道、白川通から見上げれば、くっきりと大の字。
あそこにいたのかと思うと、
なんだか大きなことを成し遂げたようでうれしく、
また登ろうと思うのです。

稲荷山は伏見稲荷大社の鳥居がつづきます
どのあたりに住んでいるかで、
親しみのある山はそれぞれ違っていて、
わたしが子どもの頃、よく登ったのは、

伏見稲荷大社

のある、

稲荷山


鳥居が延々と続き、お社がいくつもあって、
木漏れ日の中で見る、苔や羊歯の緑の美しいこと。
ひと休みできる茶屋もあって、
湧き水でゆでたゆで玉子を食べるのが好き。
ぜひお参りしながら、
ぐるりと稲荷山をめぐってみてください。


苔や羊歯、緑が本当にきれいです
7月31日夜から8月1日の早朝にかけて、
火の用心のお札をいただきに
多くの人が登る、

愛宕山


義経と天狗の伝説で知られる、

鞍馬山

……。
ほかにもさまざま名のある山があって、
その多くに神様、仏様がまつられる、
山は古くからの祈りの場、修行の場でもあります。
街のそばにあって、いつも山は清らか。
京都に来たなら、山を歩いてみるのも、いいものです。





京のおやつ


大好きな甘味処で、足休め。
甘いもん好きには、ここ!というご贔屓の甘味処があるもの。わたしの場合、あんみつなら「月ヶ瀬」、かき氷なら下鴨神社の「さるや」、桂の「中村軒」も好き。そして、銀閣寺あたりまで来たら、「㐂み家」の豆かん。赤えんどう豆が豆らしく、寒天、黒みつとバランス良く、さっぱりとキレ良く、おいしい。バニラアイスとあんののった、まる豆かんがお気に入りです。夏はかき氷、冬はぜんざいや白味噌雑煮もあってなやましいけれど、結局、いずれにしても豆かんは食べてしまうのでした。

著者プロフィール

宮下亜紀(みやした・あき)

京都に暮らす、編集者、ライター。
出版社にて女性誌や情報誌を編集したのち、生まれ育った京都を拠点に活動。「はじめまして京都」(共著)のほか、「絵本といっしょにまっすぐまっすぐ」(「メリーゴーランド京都」鈴木潤著、アノニマ・スタジオ)、「雑貨店おやつへようこそ 小さなお店のつくり方つづけ方」(トノイケミキ著、西日本出版社)など、京都の暮らしから芽生えた書籍や雑誌の編集を手がける。
www.instagram.com/miyanlife/


アノニマ・スタジオWebサイトTOP > 京都暮らし ケときどきハレ日記 もくじ > 03 いつもそばに山があるから。