アノニマ・スタジオは「ごはんとくらし」をテーマに本づくりをする出版社です。

カテゴリ

キーワードでさがす

例:高山なおみ ごはん

※クリックで拡大します

  • ISBN-13:9784877587093
  • 発売日:2012/03

POPダウンロード

ナマケモノのいる森で

文:ソフィー・ストラディ
しかけ:アヌック・ボワロベール、ルイ・リゴー
訳:松田素子
本体価格2200円(税別)
360度広がる森の中で発見する
よろこびや驚き
フランスで生まれたしかけ絵本の日本語版です。6つのポップアップのページと、引き出す仕掛けのある1ページは、ページをめくるだけで内容がわかり、ストーリーを読み込むとさらに深く心に届きます。『ナマケモノのいる森で』のタイトル通り、どのページにもいるナマケモノを探したり小さいお子さんから大人まで楽しめる内容です。プレゼントにも喜ばれる1冊です。
※世界9カ国で翻訳

編集者のおすすめポイント

著者略歴

アヌック・ボワロベール、ルイ・リゴー

2009年ストラスブール装飾美術学校を卒業後、パリへ移り初のしかけ絵本『POPVILLE』を共同で制作。それぞれの創作活動とともに、共作のしかけ絵本『ナマケモノのいる森で』、『オセアノ号、海へ!』などを送り出し、世界中から絶大な支持を得ている。

松田素子

1955年山口県生まれ。早稲田大学卒業後、児童図書出版の偕成社に入社。雑誌「月刊MOE」の創刊メンバーとなり、同誌の編集長を務めた。1989年からはフリーランスの編集者として絵本を中心に活動。数多くの本の誕生にかかわってきた。

関連書籍

関連記事

pagetop