アノニマ・スタジオは「ごはんとくらし」をテーマに本づくりをする出版社です。

カテゴリ

キーワードでさがす

例:高山なおみ ごはん

※クリックで拡大します

  • ISBN-13:978-4-87758-729-1
  • 発売日:2014/9/30

POPダウンロード

本のなかには

文:ファニー・マルソー
絵:ジョエル・ジョリヴェ
訳:うちださやこ
本体価格2400円(税別)
なかなか まきばのなか だーれだ?
わたしはひなげし
フランスから届いた、赤ちゃん、幼児、日常の不思議に喜びを感じるすべての人々に贈る、画集のような絵本です。リノカット技法で表現されたイラストは、動物、植物、いろんなシチュエーションと様々で、想像力が刺激されます。

編集者のおすすめポイント

本書の魅力は、大判サイズで76ページ、手触りのよい本文の用紙、伸びやかで色彩豊かなイラストレーションという本そのもの。「なかなか○○のなか だーれだ?」「わたしは●●」といったシンプルでリズムのよいテキストに沿って親子で楽しむもよし、じっくりゆっくりと好きな絵を見つけるもよし、楽しみ方が読者の数だけある絵本です。赤ちゃんから大人まで楽しめ、「本」を眺めて、めくって、さわって、五感を使って楽しめます。

著者略歴

ファニー・マルソー

視覚芸術の講師、ジャーナリスト、絵本編集者を経て絵本作家となる。児童書出版社でのコレクションのディレクションも行う。コンセプトが強い、独創的でありながら親しみのわく作品を手がけている。ジョリヴェとは『Zoologoque』(未邦訳)をはじめ、共著多数。

ジョエル・ジョリヴェ

パリ郊外生まれ。絵本作家、イラストレーター。リノカット版画の手法で多くの作品を創作し、読者をひきつけるユーモラスな画風で、数多くの絵本を出版。その他、書籍の装画、CMなど、さまざまな分野で国際的に活躍している。日本で翻訳されている著書に『ぬりえの時間』(グラフィック社)『365まいにちペンギン』(ブロンズ新社)など。

内田沙矢子

翻訳、通訳、出版コーディネーター、フリーランスTVディレクター。早稲田大学仏文学科卒。絵本関連のテレビ番組制作をきっかけに、海外の絵本の紹介や翻訳にたずさわる。絵本専門出版社mineditionと日本人作家の出版をコーディネートしている。

関連書籍

関連記事

pagetop