アノニマ・スタジオは「ごはんとくらし」をテーマに本づくりをする出版社です。

カテゴリ

キーワードでさがす

例:高山なおみ ごはん

※クリックで拡大します

  • ISBN-13: 978-4-87758-766-6
  • 10月6日発売

POPダウンロード

本棚の本

赤澤かおり
本体価格1800円(税別)
人の本棚は、とっても不思議に面白い。

料理家、古書店、酒屋、デザイナー、カメラマン……それぞれに生業を持つ仕事人たち。編集者である著者が敬愛する19組の本棚を訪ねて、たっぷりと話を聞きました。それぞれの人柄と仕事ぶりを知る著者が引き出す、本と人生の物語。おすすめ本を300冊超紹介。

編集者のおすすめポイント

暮らしにまつわる本づくりに携わり、様々な分野の仕事人とつながりが深い編集者・赤澤かおりさんによる本棚探訪記。旧知の仲でも、本棚を前に話を聞きはじめると、それぞれの人生が色濃くあらわれ、思いがけない新たな一面が見えてきます。アノニマ・スタジオのWeb連載『仕事人の本棚』をもとに加筆修正し、書籍版特別編として料理家の高山なおみさん、エディトリアルデザイナーの若山嘉代子さんなど特別篇を加えた19組の本棚と人生のストーリー。それぞれの方のおすすめ本は300冊を超え、ブックガイドとしても楽しめる本好き必見の一冊です。

著者略歴

赤澤かおり

編集者、ライター。出版社にて雑誌、単行本の編集者を経てフリーに。料理本をはじめとする、数々の暮らしまわりの本を編集し、世に送り出している。骨太な本づくりは、料理家やデザイナーをはじめ、作り手からの信頼も厚い。ハワイと鎌倉をこよなく愛し、食や旅をテーマに、雑誌や書籍で執筆を手がける。ハワイに関する著書多数。近刊は『鎌倉 のんで、たべる。』(朝日新聞出版社)。

◆本棚を見せていただいた方々

小山千夏(生地・手芸雑貨店「Fabric Camp」店主)
亀井良真(鎌倉のイタリア料理店「オステリア・コマチーナ」オーナーシェフ)
飛田和緒(料理家)
伊藤耕太郎(鎌倉のピッツェリア「ブルールーム」店主)
バッキー・イノウエ(京都の漬物店「錦・高倉屋」 居酒屋「百練」「先斗町 百練」店主 文筆家)
井上由季子、井上正憲(ものづくりとデザインの「モーネ工房」主宰)
スソアキコ(帽子作家・イラストレーター)
茂木隆行(エディトリアルデザイナー)
松橋恵理(大阪のフランス雑貨店「シャムア」店主)
ハギワラトシコ(フードコーディネーター)
長嶺輝明(カメラマン)
宮治淳一、宮治ひろみ(世界的レコードコレクター、茅ヶ崎「cafe Brandin」店主)
兵藤昭(鎌倉の「鈴木屋酒店」四代目店主)
岩﨑有加(沼津の生花店「Senbon Flowers MIDORIYA」店主)
諏訪雅夫、諏訪雅也(神保町の老舗古書店「悠久堂書店」三代目、四代目)
池水陽子(スタイリスト)
富山英輔(『湘南スタイルmagazine』創刊編集長、『SURF MAGAZINE』プロデューサー)
高山なおみ(料理家、文筆家、絵本作家)
若山嘉代子(エディトリアルデザイナー)
全19 組

関連書籍

関連記事

pagetop